ムクナとパーキンソン病

神経伝達物質のドーパミンが生み出される量が減ってしまう事で、脳から筋組織に対して届けられる指令が通常通り届けられなくなり、運動機能に影響が生じる病気をパーキンソン病と呼びます。
ドーパミンが生み出される量が減ってしまう要因は、脳内にてドーパミンが作り出される黒質細胞の減少が関係しているのですが、ドーパミンの原料になるLドーパを補えば生成量が補填できる事が判明しています。
Lドーパはムクナ豆というものに豊富に含有されているので、ムクナを摂取する事により自発的にLドーパが補給可能になり、その効果はパーキンソン病に用いる特効薬であるLドーパ製剤の代用品としても扱えるほどです。
実は、そうしたムクナを使用してLドーパの補填する事は近年の研究で見出されたものではなく、古代インドにおける医療にて既に採用されていたという歴史があります。
また、発症の要因には若干差異があるものの同じく脳内にあるドーパミンが減少し、身体の自由が無くなる病気としてよく似ているのが瀬川病です。
症状と仕組みが酷似しているのでやはり特効薬になるのはLドーパ製剤という事になるのですが、製剤には副作用がある上に長い期間にわたって使用を続けていると身体に耐性ができてしまい、当初の効能が得られなくなる事もあります。
製剤による重度な副作用に悩まされている患者も実際に存在しており、服用すると胃腸が強く刺激されてしまう事を嫌がり服用を避けていたところ、身体が自由に動かせなくなり車椅子を使用した生活を強いられてしまったというものです。
車椅子を用いた生活から脱却すべく試行錯誤を繰り返しムクナ豆を手に入れ、およそ半年間にわたって最も身体やパーキンソン病に相性が良い食べ方を考案していった結果、車椅子に頼らなくても生活ができるようになりすっかり以前の健康体を取り戻しました。
そして、ムクナでパーキンソン病に高い効果が得られた方は粉末状にして使用していたという共通点があるのですが、その理由は粉末にする事で腸の吸収率が高まり脳に届けやすくなるためです。

https://www.mens-supplement.org/mucuna/ ムクナについて更に詳しく解説